コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治三陸津波 めいじさんりくつなみ Sanriku Tsunami of 1896

1件 の用語解説(明治三陸津波の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

明治三陸津波

1896年(明治29年)6月15日、三陸沖のマグニチュード7.6の地震によって起こされた津波で、三陸町綾里で38.2mの遡上高を記録した。宮城県 から北海道まで大きな被害を受け、文献により多少の差があるが、死者数は21,894人に達したとされる。この地震は典型的な津波地震ぬるぬる地震) で、地震のマグニチュードが比較的小さいが、津波の規模は、明治以後わが国を襲った津波の中で最大である。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明治三陸津波の関連キーワード九斎日建武六斎日三陸大津波三陸地震残留孤児・婦人訴訟判決亀井茲明橋本一至(初代)昭和三陸津波

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明治三陸津波の関連情報