コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治三陸津波 めいじさんりくつなみSanriku Tsunami of 1896

海の事典の解説

明治三陸津波

1896年(明治29年)6月15日、三陸沖のマグニチュード7.6の地震によって起こされた津波で、三陸町綾里で38.2mの遡上高を記録した。宮城県 から北海道まで大きな被害を受け、文献により多少の差があるが、死者数は21,894人に達したとされる。この地震は典型的な津波地震(ぬるぬる地震) で、地震のマグニチュードが比較的小さいが、津波の規模は、明治以後わが国を襲った津波の中で最大である。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

明治三陸津波の関連キーワード昭和三陸津波三陸津波

明治三陸津波の関連情報