上の件(読み)かみのくだり

  • かみ
  • かん
  • の 件(くだり)

精選版 日本国語大辞典の解説

「上件」を訓読した語。「上件の云々」の形で、前に述べた事柄をさす。
※古事記(712)上「上件(かみのくだり)の五柱の神は、別天つ神ぞ」
[補注]「上件」の文字で、「記紀」や「今昔物語」に見えるが読みは判然としない。後に「かみくだん」の例が見えるので、「かみくだり」の形が存在したことも考えられる。→かみくだん
※大和(947‐957頃)一〇一「かくてありけることを、かむのくだり奏しければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上の件の関連情報