コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原熊次郎 うえはら くまじろう

2件 の用語解説(上原熊次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上原熊次郎 うえはら-くまじろう

?-? 江戸時代後期の通詞。
クスリ(釧路),アブタ(虻田)などの場所請負人の蝦夷語(えぞご)通詞をへて,文化4年(1807)幕府松前奉行所役人となる。ゴローブニン事件のときロシア語の通詞をつとめた。寛政4年(1792)世界最初のアイヌ語辞書「蝦夷方言藻汐草」を刊行した。蝦夷地(北海道)出身。名は有次。著作はほかに「蝦夷語集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上原熊次郎

生年:生没年不詳
江戸時代の著名なアイヌ語通辞。最上徳内に見いだされる。寛政4(1792)年,天地,人物,草木など11項目に分類した日蝦夷語彙『もしほ草』(『蝦夷方言藻汐草』)を編み,文政7(1824)年には『蝦夷地名解』を作る。文化8(1811)年,ゴローニンを松前で幽閉する際,通辞を務めるかたわら村上貞助とロシア語を習得する。ロシア語の習得には苦労したようで,ゴローニンは熊次郎を「世界中の如何なる文法をも解していない」(『日本幽囚記』)と評している。一方アイヌ語に関しては「アイヌ語学の鼻祖」とアイヌ語学者金田一京助に高く評価されている。<著作>『藻汐草』(『アイヌ語資料叢書』)<参考文献>金田一京助『アイヌの研究』

(麓慎一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上原熊次郎の言及

【アイヌ語】より

…やや本格的なものとしては《もしほ草》(1792成立,1804刊)が最初で,語彙数約4000。編者の上原熊次郎は松前奉行所の蝦夷通詞で,1811‐13年のゴロブニン抑留事件の際には,ロシア語の通訳をも務めた人物であった。同書は《蝦夷方言藻汐草(もしおぐさ)》の名でも知られ,のち上原の手で増補されて《蝦夷語集》(稿本,1824ころ成立)として伝えられている。…

※「上原熊次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上原熊次郎の関連キーワードアイヌ語最上徳内ユーカラアイヌ犬シャモ荒井シャヌレ加賀屋伝蔵北風磯吉ドブロトウォルスキー能登屋円吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone