コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原熊次郎 うえはら くまじろう

2件 の用語解説(上原熊次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上原熊次郎 うえはら-くまじろう

?-? 江戸時代後期の通詞。
クスリ(釧路),アブタ(虻田)などの場所請負人の蝦夷語(えぞご)通詞をへて,文化4年(1807)幕府松前奉行所役人となる。ゴローブニン事件のときロシア語の通詞をつとめた。寛政4年(1792)世界最初のアイヌ語辞書「蝦夷方言藻汐草」を刊行した。蝦夷地(北海道)出身。名は有次。著作はほかに「蝦夷語集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上原熊次郎

生年:生没年不詳
江戸時代の著名なアイヌ語通辞。最上徳内に見いだされる。寛政4(1792)年,天地,人物,草木など11項目に分類した日蝦夷語彙『もしほ草』(『蝦夷方言藻汐草』)を編み,文政7(1824)年には『蝦夷地名解』を作る。文化8(1811)年,ゴローニンを松前で幽閉する際,通辞を務めるかたわら村上貞助とロシア語を習得する。ロシア語の習得には苦労したようで,ゴローニンは熊次郎を「世界中の如何なる文法をも解していない」(『日本幽囚記』)と評している。一方アイヌ語に関しては「アイヌ語学の鼻祖」とアイヌ語学者金田一京助に高く評価されている。<著作>『藻汐草』(『アイヌ語資料叢書』)<参考文献>金田一京助『アイヌの研究』

(麓慎一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の上原熊次郎の言及

【アイヌ語】より

…やや本格的なものとしては《もしほ草》(1792成立,1804刊)が最初で,語彙数約4000。編者の上原熊次郎は松前奉行所の蝦夷通詞で,1811‐13年のゴロブニン抑留事件の際には,ロシア語の通訳をも務めた人物であった。同書は《蝦夷方言藻汐草(もしおぐさ)》の名でも知られ,のち上原の手で増補されて《蝦夷語集》(稿本,1824ころ成立)として伝えられている。…

※「上原熊次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone