コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧路 クシロ

2件 の用語解説(釧路の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くしろ【釧路】

北海道の旧国名。現在の釧路総合振興局と十勝総合振興局の一部にあたる。
北海道東部の総合振興局。局所在地は釧路市。
北海道東部の市。総合振興局所在地。北洋漁業の基地。水産業・製紙業などが盛ん。平成17年(2005)10月、阿寒(あかん)町・音別(おんべつ)町と合併。音別地区は約15キロ離れた飛び地となっている。人口18.1万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くしろ【釧路】

北海道旧一一か国の一。と十勝とかち支庁の一部を含む地域。
北海道南東部の支庁。支庁所在地、釧路市。
北海道南東部、太平洋に臨む市。釧路支庁所在地。沿岸・北洋漁業の基地。水産加工・製紙・化学肥料などの工業が盛ん。付近は濃霧地帯。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釧路の関連情報