コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上妻氏 かみづまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かみづまうじ【上妻氏】

〈こうづま〉とも読む。中世,筑後の武家。高木氏草野氏とも同族という。伝承では藤原道隆の子孫隆宗が筑後守として筑後上妻郡に居したのに始まるというが,正確な事跡は鎌倉初期に上妻家宗が幕府より上妻荘・瀬高下荘内の地頭職を与えられた,というのに始まる。草野氏と同じく平家に与同しなかった功によるものであろう。その後鎌倉御家人として活躍するが,倒幕時には上妻荘の一分地頭宮野教心の活動が知られるのみで嫡系の活動については不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の上妻氏の言及

【上妻氏】より

…〈こうづま〉とも読む。中世,筑後の武家。高木氏,草野氏とも同族という。伝承では藤原道隆の子孫隆宗が筑後守として筑後上妻郡に居したのに始まるというが,正確な事跡は鎌倉初期に上妻家宗が幕府より上妻荘・瀬高下荘内の地頭職を与えられた,というのに始まる。草野氏と同じく平家に与同しなかった功によるものであろう。その後鎌倉御家人として活躍するが,倒幕時には上妻荘の一分地頭宮野教心の活動が知られるのみで嫡系の活動については不明である。…

※「上妻氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上妻氏の関連キーワード酒井田柿右衛門(初代)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上妻氏の関連情報