コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有川 ありかわ

2件 の用語解説(有川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有川
ありかわ

長崎県五島列島北東部の中通島東半分を占める地域。旧町名。 1932年町制。 2004年8月有川上五島新魚目若松奈良尾の5町が合併し新上五島町となった。江戸時代は移住漁民によって捕鯨基地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有川
ありかわ

長崎県西部、南松浦郡にあった旧町名(有川町(ちょう))。現在は新上五島町(しんかみごとうちょう)の東部を占める。旧有川町は1932年(昭和7)町制施行、2004年(平成16)若松(わかまつ)、上五島、新魚目(しんうおのめ)、奈良尾(ならお)の4町と合併、新上五島町となる。旧有川町域は、五島列島の中通(なかどおり)島の東半分を占め、国道384号が通る。中心集落の有川は有川湾に臨み、佐世保(させぼ)港からフェリーが通じている。また南部の鯛ノ浦(たいのうら)からは長崎港への定期便がある。東端の架橋されて陸路でつながった頭(かしら)ヶ島には1981年上五島空港が開かれ、長崎空港ならびに福岡空港と結ばれ、五島の北の玄関口となっていたが、2006年に全線廃止となり、現在、空港は閉鎖中。
 有川港は旧藩時代、西海(さいかい)捕鯨の基地として繁栄し、港口の鯨見(くじらみ)山には鯨供養碑がある。現在、地元での捕鯨は行われていないが、南氷洋捕鯨の乗組員を多く出して、西海捕鯨基地の伝統を保っている。地元漁業は湾内の大型定置網を主体としており、ブリの水揚げが大きい。鯛ノ浦湾、神ノ浦湾には真珠養殖もみられる。キリシタンの伝統をひくカトリック集落が多く、頭ヶ島、鯛ノ浦、船隠(ふなかくし)、佐ノ原(さのはら)などに教会がある。とくに、頭ヶ島天主堂は、この島の石を用いた石造建築で、国の重要文化財に指定されている。[石井泰義]
『『有川町郷土史』(1974・有川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有川の関連キーワード福江五島太古上五島空港福江港フェリーなみじ有川[町]有川〈町〉福江〈市〉長崎県南松浦郡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有川の関連情報