コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有川 ありかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有川
ありかわ

長崎県五島列島北東部の中通島東半分を占める地域。旧町名。 1932年町制。 2004年8月有川上五島新魚目若松奈良尾の5町が合併し新上五島町となった。江戸時代は移住漁民によって捕鯨基地となった。明治以後は南極捕鯨船の乗組員が多く,その送金が町経済の大きな支柱になってきた。有川湾にはブリの定置網がある。中心集落の有川は有川湾に面し,上五島地域の中心地で,佐世保市からの定期船がある。また,北東部の頭ヶ島 (かしらがしま) には 1981年に上五島空港が建設され,長崎,福岡からの便がある。南部の奈良尾町と結ぶ国道 384号線の起点。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有川
ありかわ

長崎県西部、南松浦郡にあった旧町名(有川町(ちょう))。現在は新上五島町(しんかみごとうちょう)の東部を占める。旧有川町は1932年(昭和7)町制施行、2004年(平成16)若松(わかまつ)、上五島、新魚目(しんうおのめ)、奈良尾(ならお)の4町と合併、新上五島町となる。旧有川町域は、五島列島の中通(なかどおり)島の東半分を占め、国道384号が通る。中心集落の有川は有川湾に臨み、佐世保(させぼ)港からフェリーが通じている。また南部の鯛ノ浦(たいのうら)からは長崎港への定期便がある。東端の架橋されて陸路でつながった頭(かしら)ヶ島には1981年上五島空港が開かれ、長崎空港ならびに福岡空港と結ばれ、五島の北の玄関口となっていたが、2006年に全線廃止となり、現在、空港は閉鎖中。
 有川港は旧藩時代、西海(さいかい)捕鯨の基地として繁栄し、港口の鯨見(くじらみ)山には鯨供養碑がある。現在、地元での捕鯨は行われていないが、南氷洋捕鯨の乗組員を多く出して、西海捕鯨基地の伝統を保っている。地元漁業は湾内の大型定置網を主体としており、ブリの水揚げが大きい。鯛ノ浦湾、神ノ浦湾には真珠養殖もみられる。キリシタンの伝統をひくカトリック集落が多く、頭ヶ島、鯛ノ浦、船隠(ふなかくし)、佐ノ原(さのはら)などに教会がある。とくに、頭ヶ島天主堂は、この島の石を用いた石造建築で、国の重要文化財に指定されている。[石井泰義]
『『有川町郷土史』(1974・有川町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

有川の関連キーワードゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣図書館戦争 THE LAST MISSION植物図鑑/運命の恋、ひろいましたBroken Sunset怪獣島の決戦 ゴジラの息子出航 SHADOW CITYフリーター、家を買う。三匹のおっさん〈2〉ストーリー・セラー走れ!白いオオカミ誰か故郷を想わざる映画「図書館戦争」県庁おもてなし課海はふりむかない小説空飛ぶ広報室県警対組織暴力新上五島(町)君は1000%三匹のおっさん

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有川の関連情報