コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上方贅六 カミガタゼイロク

デジタル大辞泉の解説

かみがた‐ぜいろく【上方×贅六】

《「かみがたざいろく」の音変化》江戸っ子上方の人をののしっていう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみがたぜえろく【上方贅六】

〔「ぜえろく」は上方で、「丁稚でつち」「小僧」の隠語〕
江戸で上方の人を卑しめていった語。上方才六ざいろく

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の上方贅六の言及

【江戸っ子】より

…作者の山東京伝は,江戸っ子の典型を,将軍のお膝元しかも下町の中心街に生まれ育ったな町人とすることにより,はっきりと〈田舎者〉の野暮に対置している。さらに,一等地にある屋敷を売り払っても吉原を総揚げするという,金ばなれのよさや尻の穴の大きさに江戸っ子の典型をみることにより,明らかに〈上方贅六(ぜいろく)〉のけちとも対置している。
[江戸っ子意識の変容]
 18世紀後半の江戸社会の変質を契機として成立した江戸っ子意識は,やがて19世紀前半の文化・文政期には,さらにひろく江戸の下層社会にまで浸透した。…

※「上方贅六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上方贅六の関連キーワード上方才六隠語贅六丁稚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android