コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉憲秋 うえすぎ のりあき

1件 の用語解説(上杉憲秋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉憲秋 うえすぎ-のりあき

?-1455 室町時代の武将。
上杉禅秀の子。応永24年父の挙兵(上杉禅秀の乱)失敗後,弟教朝(のりとも)とともに京都にのがれ,将軍足利義持につかえる。29年義持の命で鎌倉公方足利持氏を討つため関東におもむき,各地を転戦。享徳4年1月21日武蔵(むさし)分倍河原(東京都)で持氏の子成氏(しげうじ)とたたかい,敗れて自殺した。憲顕ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

上杉憲秋の関連キーワード上杉禅秀小笠原政康足利持仲蘆名盛政上杉快尊上杉禅秀妻上杉教朝上杉持房鹿島憲幹結城満朝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone