コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉憲秋 うえすぎ のりあき

1件 の用語解説(上杉憲秋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉憲秋 うえすぎ-のりあき

?-1455 室町時代の武将。
上杉禅秀の子。応永24年父の挙兵(上杉禅秀の乱)失敗後,弟教朝(のりとも)とともに京都にのがれ,将軍足利義持につかえる。29年義持の命で鎌倉公方足利持氏を討つため関東におもむき,各地を転戦。享徳4年1月21日武蔵(むさし)分倍河原(東京都)で持氏の子成氏(しげうじ)とたたかい,敗れて自殺した。憲顕ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上杉憲秋の関連キーワード宗砌康正膳城タイポグラフィー県埋蔵文化財センターアンジェリコ享徳康正宗砌富樫政親

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone