コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉憲秋(読み)うえすぎ のりあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉憲秋 うえすぎ-のりあき

?-1455 室町時代の武将。
上杉禅秀の子。応永24年父の挙兵(上杉禅秀の乱)失敗後,弟教朝(のりとも)とともに京都にのがれ,将軍足利義持につかえる。29年義持の命で鎌倉公方足利持氏を討つため関東におもむき,各地を転戦。享徳4年1月21日武蔵(むさし)分倍河原(東京都)で持氏の子成氏(しげうじ)とたたかい,敗れて自殺した。憲顕ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android