コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分倍河原 ぶばいがわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分倍河原
ぶばいがわら

東京都府中市南部の多摩川沿岸の旧地名。元弘3=正慶2 (1333) 年,新田義貞北条泰家両軍が戦った分倍河原の戦いの際の古戦場跡である。現在は住宅の進出が著しい。 JR南武線,京王電鉄京王線の分倍河原駅にその名が残る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶばいがわら〔ブバイがはら〕【分倍河原】

東京都府中市の旧地名。多摩川北岸の分梅(ぶばい)町のあたり。元弘3年(1333)に新田義貞鎌倉幕府軍を破った地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶばいがわら【分倍河原】

東京都府中市の旧地名。多摩川の沖積地。鎌倉街道が通る。南北朝時代の古戦場。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分倍河原
ぶばいがわら

東京都府中市、JR南武線と京王電鉄京王線の交差する分倍河原駅付近の地区名。分梅(ぶばい)とも記し駅の南方に分梅町がある。多摩(たま)川左岸の低地で、かつては、この付近に多摩川が流れていたといわれ、南方の多摩市関戸(せきど)とともに鎌倉街道筋の交通の要地で宿(しゅく)駅があった。1333年(元弘3・正慶2)新田義貞(にったよしさだ)が北条泰家(やすいえ)の大軍を破った古戦場で知られる。分倍の地名の由来は不明である。駅は、ハケとよばれる武蔵野(むさしの)台地の崖端(がいたん)にある。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の分倍河原の言及

【永享の乱】より

… このため憲実は幕府に援軍を求め,幕府も関東・奥羽の諸氏に持氏追討令を発し,駿河今川,甲斐武田,信濃小笠原氏らの近隣諸国守護が関東に攻め込んだ。憲実も越後・上野の兵を率いて10月19日武蔵国分倍河原(ぶばいがわら)に着陣し,持氏の降伏を待った。鎌倉を守っていた三浦時高は持氏に反し,憲実に応じて,11月1日に大倉御所を焼いた。…

※「分倍河原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分倍河原の関連キーワード府中(市)(東京都)東京都府中市分梅町東京都府中市田部井泰寛南北朝時代長崎高重上杉持朝鎌倉街道上杉房顕上杉憲実上杉憲秋足利成氏村上義信小手指原上杉顕房小沢城岡崎城沢田

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分倍河原の関連情報