上村清延(読み)かみむら きよのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上村清延 かみむら-きよのぶ

1879-1957 明治-昭和時代のドイツ文学者。
明治12年1月23日生まれ。七高,一高,旧制浦和高の教授をへて日大教授となる。現代ドイツ文学を専攻。ドイツ-ロマン派文学や表現主義文学,また東洋文学・思想のドイツ文学への影響などの研究で知られる。昭和32年11月1日死去。78歳。鹿児島県出身。東京帝大卒。著作に「ゲーテ以後」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android