コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上村清延 かみむら きよのぶ

1件 の用語解説(上村清延の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上村清延 かみむら-きよのぶ

1879-1957 明治-昭和時代のドイツ文学者。
明治12年1月23日生まれ。七高,一高,旧制浦和高の教授をへて日大教授となる。現代ドイツ文学を専攻。ドイツ-ロマン派文学や表現主義文学,また東洋文学・思想のドイツ文学への影響などの研究で知られる。昭和32年11月1日死去。78歳。鹿児島県出身。東京帝大卒。著作に「ゲーテ以後」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上村清延の関連キーワード紙幣整理ダート・バンドプリンススカイラインALSID-1型民生エアサスペンションバス岸信介内閣テレビドラマ奈良(市)日活(株)日中関係北欧映画

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone