コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田春荘 うえだ しゅんそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田春荘 うえだ-しゅんそう

1784-1873 江戸時代後期の殖産家。
天明4年2月15日生まれ。豊前(ぶぜん)上田村(大分県宇佐市)の庄屋ろうそくの原料となる櫨(はぜ)の栽培と新品種「群烏(むれがらす)」の育成に成功,「櫨育翁」とよばれた。明治6年12月21日死去。90歳。名は実道。通称は俊蔵。著作に「櫨育口伝試百ケ条」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上田春荘の関連キーワードサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)ティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド市民劇ツンベルクディドロ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android