上田春荘(読み)うえだ しゅんそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田春荘 うえだ-しゅんそう

1784-1873 江戸時代後期の殖産家。
天明4年2月15日生まれ。豊前(ぶぜん)上田村(大分県宇佐市)の庄屋ろうそくの原料となる櫨(はぜ)の栽培と新品種「群烏(むれがらす)」の育成に成功,「櫨育翁」とよばれた。明治6年12月21日死去。90歳。名は実道。通称は俊蔵。著作に「櫨育口伝試百ケ条」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android