コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田春荘 うえだ しゅんそう

1件 の用語解説(上田春荘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田春荘 うえだ-しゅんそう

1784-1873 江戸時代後期の殖産家。
天明4年2月15日生まれ。豊前(ぶぜん)上田村(大分県宇佐市)の庄屋。ろうそくの原料となる櫨(はぜ)の栽培と新品種「群烏(むれがらす)」の育成に成功,「櫨育翁」とよばれた。明治6年12月21日死去。90歳。名は実道。通称は俊蔵。著作に「櫨育口伝試百ケ条」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

上田春荘の関連キーワード東太郎兵衛金田六左衛門川上右仲小林国広小林粂左衛門杉本武助壺井六五郎南喜惣治山崎儀兵衛山田与五郎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone