コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田耕冲 うえだ こうちゅう

美術人名辞典の解説

上田耕冲

幕末・明治の円山派の画家。京都生。上田耕夫の子。幼名を万次郎。画を父と長山孔寅に学び、一家を成す。山水花鳥に優れた。大阪に住した。明治44年(1911)歿、93才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田耕冲 うえだ-こうちゅう

1819-1911 江戸後期-明治時代の画家。
文政2年生まれ。上田耕夫の子。大坂で長山孔寅(こういん)にまなぶ。死の1年前に大阪天満宮襖絵(ふすまえ)「鷹狩と雪中老松」をえがいたという。明治44年1月21日死去。93歳。京都出身。通称は万次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上田耕冲の関連キーワード庭山 耕園明治時代庭山耕園

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android