上田聴秋(読み)うえだ ちょうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田聴秋 うえだ-ちょうしゅう

1852-1932 明治-昭和時代前期の俳人。
嘉永(かえい)5年2月24日生まれ。八木芹舎(きんしゃ)にまなび,明治17年京都に梅黄社を設立。「鴨東新誌」を創刊し,花の本11代を称した。昭和7年1月17日死去。81歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。慶応義塾中退。本名は肇。別号不識庵句集に「鶴鳴集」「聴秋百吟」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android