上田 保(読み)ウエダ タモツ

20世紀日本人名事典の解説

上田 保
ウエダ タモツ

昭和期の政治家 元・大分市長。



生年
明治27(1894)年

没年
昭和55(1980)年6月6日

出生地
大分県大分市

学歴〔年〕
法政大学卒

主な受賞名〔年〕
大分市名誉市民

経歴
書生を経て、東京で弁護士を開業。戦時中大分に引き揚げ、昭和22年大分市長に当選。4期16年務め、38年退任。その後、全国で初めての回遊式水族館マリンパレスを建設、社長を務めた。市長時代はアイデア市長、ワンマン市長といわれ、卓抜した着想力と無類の実行力を発揮した。27年末から、高崎山で野生のニホンザル餌付けを始め、火野葦平の小説「ただいま零匹」のモデルになる。著書に素人にもわかりやくす解説した「趣味の法律」がある。

上田 保
ウエダ タモツ

昭和期の評論家,翻訳家 元・慶大経済学部教授。



生年
明治39(1906)年1月19日

没年
昭和48(1973)年4月11日

出生地
山口県

学歴〔年〕
慶大英文科〔昭和4年〕卒業

経歴
早くから英文学者として活躍し、のちに慶大教授となる。特にエリオットの翻訳者として著名で「エリオット詩集」をはじめ、多くの訳書がある。著書にも「概説世界文学」(昭25)をはじめ、「現代ヨーロッパ文学の系譜」「ヨーロッパ文学入門」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

上田 保
ウエダ タモツ


肩書
元・大分市長

生年月日
明治27年

出生地
大分県大分市

学歴
法政大学卒

経歴
書生を経て、東京で弁護士を開業。戦時中大分に引き揚げ、昭和22年大分市長に当選。4期16年務め、38年退任。その後、全国で初めての回遊式水族館マリンパレスを建設、社長を務めた。市長時代はアイデア市長、ワンマン市長といわれ、卓抜した着想力と無類の実行力を発揮した。27年末から、高崎山で野生のニホンザルの餌付けを始め、火野葦平の小説「ただいま零匹」のモデルになる。著書に素人にもわかりやくす解説した「趣味の法律」がある。

受賞
大分市名誉市民

没年月日
昭和55年6月6日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android