コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高崎山 たかさきやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高崎山
たかさきやま

大分県中部,別府湾に面し,大分,別府両市の境にそびえる溶岩円頂丘 (鐘状火山) 。標高 628m。古くは四極 (しはつ) 山とも呼ばれ,大友氏の城がおかれたこともある。古くから野生のニホンザルの群れが生息していたが,1952年東麓にある万寿寺の別院境内で餌づけに成功した。サルの共同社会の生態が観察でき,天然記念物に指定されている。高崎山自然動物園として 53年瀬戸内海国立公園の一部に編入。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たかさき‐やま【高崎山】

大分市西部、別府湾に臨む山。標高628メートル。ニホンザルの群棲は日本最大で天然記念物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高崎山【たかさきやま】

大分県の大分・別府両市の境にある山。別府湾に臨む溶岩円頂丘で,標高628m。野生のニホンザル生息地(天然記念物)で,1952年に餌付され,東麓の万寿寺別院境内に集まる。
→関連項目阿蘇くじゅう国立公園大分[市]ニホンザル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかさきやま【高崎山】

大分県大分市の西部,別府湾の南西隅に突き出た山。溶岩円頂丘で標高628m。中世,豊後守護大友氏の本城のあった地で,山頂にのろし台などが残り,また阿蘇,九重山から瀬戸内海まで一望できる。海側の斜面は広葉樹の森林で,ニホンザルの群れがすみ,山麓の万寿寺別院の境内で日本で最初の野猿餌付けに成功した。現在,約2000匹を数え,高崎山のサル生息地(天)に指定されている。高崎山自然動物公園の中心で,近くのマリンパレス(大分生態水族館)とともに訪れる人々が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たかさきやま【高崎山】

大分市西部、別府湾に臨む山。海抜628メートル。野生猿の生息地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕高崎山(たかさきやま)


大分市西部にあり、別府(べっぷ)湾に臨む火山性の山。溶岩台地とも溶岩円頂丘(ようがんえんちょうきゅう)ともいわれ、諸説がある。標高628m。瀬戸内海国立公園に属する。全山が高崎山自然動物園で、野生ザル生息地として天然記念物に指定。近くの海岸に水族館マリーンパレスがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高崎山
たかさきやま

大分市の北西端、別府湾に臨む標高628メートルの鐘状火山。全山アカマツ、タブなどの森林に覆われ、山頂にはかつて大友氏が拠(よ)った城跡があり、展望がよく、瀬戸内海国立公園の一部。山中に生息するニホンザルの群れは日本最大のもので、「高崎山のサル生息地」として国指定天然記念物となっている。1952年(昭和27)秋から東麓(とうろく)の万寿(まんじゅ)寺別院境内にまき餌(え)で寄せられ、ほとんど毎日三群1600匹の野生ザルの生態がみられる。高崎山自然動物園として保護されている。海岸には大分マリーンパレス水族館「うみたまご」がある。別府からバス10分、大分からバス20分。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高崎山の関連キーワード大分マリーンパレス水族館うみたまご東九州を襲った主な巨大地震伊谷 純一郎大分県大分市シャーロット別府温泉郷大分(県)今西 錦司大分(市)上田 保溶岩台地田原氏能奥 大節高崎山城上小高島たかもん火山性上田保

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高崎山の関連情報