コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上絵付け うわえつけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上絵付け
うわえつけ

釉 (うわぐすり) をかけて高温で焼いた磁器の上に,酸化金属化合物による上絵釉 (うわえぐすり) で文様を描き,低温で焼いて発色させる操作。下絵付けに対する語。豊かで自由な彩色ができる点に特色がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うわえ‐つけ〔うはヱ‐〕【上絵付け】

上絵を描いた陶磁器を再びに入れて低温で焼き上げること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うわえつけ【上絵付け】

本焼きした陶磁器の釉うわぐすりの上に顔料で文様を描き焼成すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上絵付けの関連キーワード名古屋陶磁器会館展示室柿右衛門(1世)須田菁華(初代)酒井田柿右衛門伊万里・有田焼ペルシア陶器山手儀三郎マジョリカ星山仲兵衛井深 捨吉井深捨吉呉須赤絵ミナイ彩万暦赤絵焼付け薩摩焼九谷焼赤膚焼油抜き宋赤絵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上絵付けの関連情報