コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上絵付け うわえつけ

3件 の用語解説(上絵付けの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上絵付け
うわえつけ

釉 (うわぐすり) をかけて高温で焼いた磁器の上に,酸化金属化合物による上絵釉 (うわえぐすり) で文様を描き,低温で焼いて発色させる操作。下絵付けに対する語。豊かで自由な彩色ができる点に特色がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うわえ‐つけ〔うはヱ‐〕【上絵付け】

上絵を描いた陶磁器を再び窯に入れて低温で焼き上げること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うわえつけ【上絵付け】

本焼きした陶磁器の釉うわぐすりの上に顔料で文様を描き焼成すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上絵付けの関連キーワード赤楽色釉上絵釉・上薬黒楽艶薬陶瓦焼締め焼接ぎ焼物薬

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上絵付けの関連情報