コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下垂体機能亢進症 かすいたいきのうこうしんしょうhyperpituitarism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下垂体機能亢進症
かすいたいきのうこうしんしょう
hyperpituitarism

下垂体を構成する前葉後葉のそれぞれに起る機能亢進症。前葉の機能亢進症は,ホルモン分泌能力をもつ細胞の増殖 (腫瘍や過形成) によってホルモンが過剰に分泌されることで起る (→エオジン好性腺腫 ) 。成長ホルモンの過剰が青春期に起ると先端巨大症となり,発育期に起ると巨人症となる。成長ホルモンは血液中,尿中で増加し,一般に甲状腺刺激ホルモンも増加するが,副腎皮質刺激ホルモン (ACTH) は正常である。また,下垂体に腺腫が生じて ACTHの分泌が増加すれば,クッシング症候群が起る。後葉の機能亢進症としては,抗利尿ホルモン (バソプレッシン) 分泌異常症候群というまれな疾患がある。これは,ホルモン産生腫瘍のほかに脳,髄膜疾患などで認められることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android