コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過形成 かけいせい hyperplasia

3件 の用語解説(過形成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過形成
かけいせい
hyperplasia

増生,増殖ともいう。ある組織の構成成分の数が増加し,組織や臓器全体の容積が増加すること。機能の増加,損傷に対する修復とか防御的機転で,組織は増殖する。神経細胞,心筋,骨格筋などは,分裂終了細胞なので増殖しないが,結合組織などは増殖しやすい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

過形成

 増殖,増成,肥厚ともいう.組織の単位容積あたりの細胞数の絶対的な増加.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かけいせい【過形成 hyperplasia】

組織を構成する細胞のうち,特定の細胞が種々の刺激をうけて細胞分裂をおこし,細胞数が過剰にふえるために組織や器官が大きくなること。増生ともいう。細胞増殖によるといっても,一方的に増殖をつづける腫瘍とは違って増殖には限界があり,また刺激がなくなれば組織の大きさは元にもどる可逆的反応である。過形成の原因には,作業負荷,ホルモン作用,機械的刺激などがある。また再生時の一過性のものもある。過形成を示す組織では,ほとんどすべて機能の増大を伴う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

過形成の関連キーワード細胞間隙体細胞ヘルパーT細胞グリア細胞柔細胞線維細胞星状膠細胞分化多能性粘液細胞泡沫細胞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過形成の関連情報