下学して上達す(読み)かがくしてじょうたつす

精選版 日本国語大辞典の解説

かがく【下学】 して 上達(じょうたつ)

(「論語‐憲問」の「下学而上達、知我者其天乎」から) 初歩的なところから学び始め、やがて後には高遠な学理にまで達して、それをきわめる。下学上達。
※天草本平家(1592)読誦の人に対して書す「cagacuxite(カガクシテ) xǒtat(シャウタツ) suruua(スルワ)、ツネノハウナリ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android