下植木ねぎ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

下植木ねぎ[葉茎菜類]
しもうえきねぎ

関東地方、群馬県の地域ブランド。
主に伊勢崎市下植木地区で生産されている。200年ほど前から伊勢崎の特産物として知られる。特徴は下仁田ねぎとよく似ており、甘味があり鍋物に好適。歳暮用などとして利用されている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android