コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下仁田ねぎ

デジタル大辞泉プラスの解説

下仁田ねぎ

群馬県富岡市で生産されるネギ。葉や軟白部が白く短い。加熱すると独特の甘みが出て美味。甘楽郡下仁田町を中心に古くから栽培されており、江戸時代には高崎藩藩主から諸国の大名に贈られたり、天皇家に献上された記録もある。「殿様ねぎ」とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

下仁田ねぎ[葉茎菜類]
しもにたねぎ

関東地方、群馬県の地域ブランド。
甘楽郡下仁田町で生産されている。江戸時代にはすでに栽培されていたという。江戸の大名や旗本に好まれたため、殿様ねぎの別名がある。地上の葉は濃緑色で太く、根は太くて短い。ねぎ特有のタンパク質と香辛料が他のねぎと比べ約3倍含まれ、ビタミンB・ビタミンCも豊富。煮たり焼いたりすると短時間でやわらかくなり甘みが出る。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

下仁田ねぎの関連キーワード群馬県富岡市下植木ねぎ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下仁田ねぎの関連情報