下仁田ねぎ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

下仁田ねぎ[葉茎菜類]
しもにたねぎ

関東地方、群馬県の地域ブランド。
甘楽郡下仁田町で生産されている。江戸時代にはすでに栽培されていたという。江戸の大名や旗本に好まれたため、殿様ねぎの別名がある。地上の葉は濃緑色で太く、根は太くて短い。ねぎ特有のタンパク質香辛料が他のねぎと比べ約3倍含まれ、ビタミンB・ビタミンCも豊富。煮たり焼いたりすると短時間でやわらかくなり甘みが出る。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下仁田ねぎの関連情報