コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下津休也 しもつ きゅうや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下津休也 しもつ-きゅうや

1808-1883 江戸後期-明治時代の武士。
文化5年生まれ。肥後熊本藩士。番頭(ばんがしら),奉行にすすむが,藩の主流派と対立して罷免される。横井小楠(しょうなん)らと実学党を結成し,藩政改革をめざす。のち番頭に復帰し,鶴崎番代をへて明治元年には大奉行となる。明治16年7月12日死去。76歳。名は通大。号は蕉雨。通称は別に久馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

下津休也の関連キーワード元田永孚明治時代

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android