下用(読み)ゲヨウ

デジタル大辞泉の解説

げ‐よう【下用】

《「けよう」とも》
下層の者が食用にする、よく搗(つ)いていない米。〈日葡
毎日使うこと。また、そのもの。常用。
「―には、高直(たかね)にても古米徳なり」〈浮・立身大福帳〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げよう【下用】

〔「けよう」とも〕
一般の人々の食用とする、十分についてない米。 〔日葡〕
日常の使用。 「こちとが臼は-に使ふ味噌豆臼となまめき笑ふ女郎花おみなえし/浄瑠璃・関八州繫馬」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下用の関連情報