コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下草銭 シタクサセン

デジタル大辞泉の解説

したくさ‐せん【下草銭】

江戸時代、領主の山林(御林(おはやし))の下草を採取する者に課された雑税。御林下草銭。下草永(したくさえい)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したくさせん【下草銭】

江戸時代の雑税の一。領主の林(御林おはやし)の雑草採取を許された者が納めた金銭。御林下草銭。下草永。したくさぜに。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android