不器・無器(読み)ぶき

大辞林 第三版の解説

ぶき【不器・無器】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
素質のすぐれていないこと。 「まして-の人のことに我とただおさへて詠みならはんとし候へば/毎月抄」
「不器用」の略。 「お袋は-な姿に雁を書き/柳多留

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android