不器量/無器量(読み)ブキリョウ

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐きりょう〔‐キリヤウ〕【不器量/無器量】

[名・形動]《「不器量」の場合は「ふきりょう」とも》
顔かたちが醜いこと。また、そのさま。「―な生まれつき」
才知・能力がないこと。また、そのさま。
「愚かなる者は謹慎篤実なれば、―なるやうに思ひ」〈十善法語・六〉
[派生]ぶきりょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android