コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不器/無器 ブキ

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐き【不器/無器】

[名・形動ナリ]
資質・才能にめぐまれていないこと。技や手際の悪いこと。また、そのさま。不器用。
「―の人のことに我とただおさへてよみならはんとし候へば、あしくなり行き」〈毎月抄
洗練されていないこと。また、そのさま。不粋(ぶすい)。
「―な客地口(ぢぐち)にしてもさしをいひ」〈柳多留・四〉
顔だちが醜いこと。不器量。
「―女さて麦めしは上手なり」〈柳多留拾遺・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

不器/無器の関連キーワードデート~恋とはどんなものかしら~シアワセのヨッチョレヨ!!マスタード・チョコレート愛媛県北宇和郡松野町松丸楊枝を一本削った事も無し楊枝一本削ったことも無しきょうは会社休みます。イタズラなKiss花岡ちゃんの夏休み午前3時の無法地帯曲がり角のボクらとなりの怪物くんLoVendoЯ芝不器男記念館ててっぽっぽおかちめんこバランタイン芝 不器男吉岡禅寺洞今井勝法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android