コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不器用・無器用 ぶきっちょ

大辞林 第三版の解説

ぶきっちょ【不器用・無器用】

( 名 ・形動 )
〔「ぶきっちょう」とも〕
「ぶきよう(不器用)」の転。 「 -な手つき」
[派生] -さ ( 名 )

ぶきよう【不器用・無器用】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
器用でないこと。手先ですることなどが下手なこと。また、そのさま。ぶきっちょ。 ↔ 器用 「手先が-だ」
物事の処理の仕方が下手なこと。要領が悪いこと。また、そのさま。 ↔ 器用 「世渡りがいたって-な男」
人道にそむくこと。卑劣なこと。また、そのさま。 「いかに身が術ないとて-な気になりをつた/浄瑠璃・生玉心中
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android