コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不堪佃田の奏 フカンデンデンノソウ

デジタル大辞泉の解説

ふかんでんでん‐の‐そう【不堪×佃田の奏】

平安時代、毎年9月7日に国司から太政官に報告のあった不堪佃田の田数とその租税減免とを大臣以下が議定して奏聞した公事。不堪田の奏。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかんでんでんのそう【不堪佃田の奏】

平安時代、大臣以下が国司からの申請に基づき、各地の不堪佃田の状況とその地の租税を減免する旨を上奏した儀式。毎年九月に行われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

不堪佃田の奏の関連キーワード平安時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android