コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧年 キュウネン

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ねん〔キウ‐〕【旧年】

去年。昨年。「旧年中はお世話になりました」 新年》

ふる‐とし【旧年】

新年からふりかえって、過ぎ去った年。去年。 新年》
新年・立春に対して、まだ改まらない年の内。年内。
「―に春立ちける日よめる」〈古今・春上・詞書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうねん【旧年】

(新年からみて)昨年。去年。 [季] 新年。

ふるとし【旧年】

新年になって、過ぎ去った年をいう語。去年。年内立春の場合には、改まらない年内をもいう。きゅうねん。 「春立ちてあしたの原の雪見ればまだ-の心地こそすれ/拾遺 」 「 -に春立ちける日よめる/古今 春上詞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

旧年の関連キーワードフリーエージェント制度[プロ野球]年・念・捻・然・燃・稔・粘フリーエージェント尾張国郡司百姓等解源氏物語玉の小櫛年越し蕎麦ノールーズ縁切り蕎麦年を越す取越正月除夜の鐘大年越し年内立春年の内率分所修正会年越し修二会御芳情きゅう

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧年の関連情報