旧年(読み)ふるとし

精選版 日本国語大辞典「旧年」の解説

ふる‐とし【旧年】

〘名〙
① 過ぎ去った年。去年。こぞ。きゅうねん。《季・新年》
※源氏(1001‐14頃)初音「こまやかに、ふるとしの御物語など、なつかしく聞え給ひて」
② 新年や立春などに対して、暮れてゆく年をいう。年内。年のうち。
古今(905‐914)春上・一・詞書「ふるとしに春たちける日よめる」

きゅう‐ねん キウ‥【旧年】

〘名〙
① 去年。昨年。こぞ。《季・新年》
※玉葉‐承安二年(1172)正月二日「左番長重武、自重病
② 過ぎ去った年(日葡辞書(1603‐04))。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「旧年」の解説

ふる‐とし【旧年】

新年からふりかえって、過ぎ去った年。去年。 新年》
新年・立春に対して、まだ改まらない年の内。年内。
「―に春立ちける日よめる」〈古今・春上・詞書〉

きゅう‐ねん〔キウ‐〕【旧年】

去年。昨年。「旧年中はお世話になりました」 新年》
[類語]昨年前年去年こぞ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android