コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不定比化合物 フテイヒカゴウブツ

デジタル大辞泉の解説

ふていひ‐かごうぶつ〔‐クワガフブツ〕【不定比化合物】

化合物の成分元素質量比が常に一定であるという定比例の法則に従わない化合物。非化学量論的化合物。同法則の発見者J=L=プルーストと論争したベルトレの名にちなみ、ベルトライド化合物またはベルトリド化合物ともいう。⇔定比化合物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不定比化合物
ふていひかごうぶつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の不定比化合物の言及

【非化学量論的化合物】より

…定比例の法則にしたがわない化合物。不定比化合物,ベルトライド化合物berthollide compoundなどともいう。化合物は多くの場合定比例の法則にしたがい,構成元素の原子比が簡単な整数比となるのであって,通常の化学式や化学反応式などもこの法則の上にたって書かれている。…

※「不定比化合物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不定比化合物の関連キーワードタングステンブロンズ酸化バナジウム酸化ニッケルホウ化物硫化鉱物水素化物化学式固溶体酸化鉄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android