コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定比例の法則 ていひれいのほうそく law of definite proportion

7件 の用語解説(定比例の法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定比例の法則
ていひれいのほうそく
law of definite proportion

1つの化合物の成分元素の質量比は常に一定であるという法則で,1799年 J.L.プルーストが発見した。たとえば水は常に水素と酸素が一定の質量比1:8で構成されている。この法則はのちに J.ドールトンの原子説によって説明されたので,ときによってはドールトンの法則とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていひれい‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【定比例の法則】

化合物の成分元素の質量比は常に一定であるという法則。1799年、J=L=プルーストが発見。この法則に従うものは定比化合物、従わないものは不定比化合物とよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

定比例の法則【ていひれいのほうそく】

一つの化合物中で成分元素の質量比は常に一定であるという法則。1799年J.L.プルーストが発見。たとえば,水素と酸素とが化合してできる水は,常にその質量比が1:8(厳密には1:7.9366)である。
→関連項目ドルトンの法則プルースト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

定比例の法則【law of constant proportions,law of definit proportions】

一つの化合物を構成する成分元素の比は常に一定である.発見者の名に因んでプルーストの法則*ともいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ていひれいのほうそく【定比例の法則 law of definite proportions】

一つの化合物に含まれる成分元素の質量の比はつねに一定であるという法則で,1799年J.L.プルーストにより見いだされた。この法則が成り立つのは,原子量の一定な成分元素がつねに一定の原子数の比で化合物をつくるからである。たとえば,水を構成している水素と酸素の質量比が1.008:8.00になるのは,原子量1.008の水素原子と原子量16.00の酸素原子が,つねに2:1の割合で結合して水ができるからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ていひれいのほうそく【定比例の法則】

化合物中の成分元素の質量比は常に一定であるという法則。1799年フランスの J = L =プルーストが発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定比例の法則
ていひれいのほうそく
law of definite proportions

「化合物の中では、成分元素の質量比はつねに一定である」という法則。1799年、フランスのJ・L・プルーストによって提出されたものである。ある化合物についてみると、成分元素の質量比は、製法や産出地などによらずつねに一定になるという。化合物の化学組成、あるいは化学変化における物質の数量的関係を対象とするのは化学量論(ストイキオメトリー)である。たとえば、水では水素と酸素の質量比は1対8(厳密には1対7.9396)である。
 定比例の法則は提案された当時、激しい反対にあったことは有名である。反対の急先鋒(せんぽう)は、当時のフランス化学会の長老、C・L・ベルトレであった。このために定比例の法則に合致しない化合物、たとえば磁硫鉄鉱などを称してべルトライドというようになった。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定比例の法則の関連キーワード化合物無機化合物成分化学組成定比化合物不定比化合物加成性分解熱香気成分プルーストの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone