コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不揮発性メモリ ふきはつせいメモリnonvolatile memory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不揮発性メモリ
ふきはつせいメモリ
nonvolatile memory

記憶素子のうち,電源が切れても記憶データが消滅しない,いつでも読み出し・書き換え可能な半導体メモリ。これに対し電源が切れると記憶データが失われるものを揮発性メモリという。不揮発性メモリは理想の記憶素子であるが,高速性と信頼性を同時に実現するのが難しく,完全な実用化にはいたっていない。現在開発されているものは,電気的に書き込みまたは書き換えが可能なピーロム PROMと,電池バックアップのラムRAMである。PROMは書き換え速度が遅く,書き換えに高電圧を必要とするが,電池を必要としない。RAMは寿命が電池の容量により制限されるが,記憶データを高速に書き換えられる。ほかに,電子のスピンを使ったエレクトロニクス(スピントロニクス)で不揮発性メモリを実現しようとする試みもある。(→EPROM

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

不揮発性メモリの関連キーワードシリコンオーディオプレーヤー携帯デジタル音楽プレーヤーMOSトランジスタジャンパースイッチ抵抗変化メモリー磁気抵抗メモリー強誘電体メモリーフラッシュメモリ非揮発性メモリー非揮発メモリー不揮発メモリー揮発性メモリー相変化メモリーメモリーセル留守番電話NVSラム記憶装置CMOSNVラムBIOS

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android