コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不染 ふせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

不染 ふせん

?-1868 江戸時代後期の俳人。
江戸浅草の真言宗吉祥院の住職。慶応4年5月4日死去。法名は釈心光。別号に不可得庵,観蓮子,逃珠堂。追善集に「夏花集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

不染の関連キーワード戊辰戦争明治早竹虎吉(初代)東京(都)ブートレロフ相楽総三慶応土佐十一烈士墓小栗忠順日柳燕石

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone