孟浩然(読み)もうこうねん(英語表記)Meng Hao-ran

  • 689―740
  • もうこうぜん〔マウカウゼン〕
  • もうこうねん マウカウネン
  • もうこうねん〔マウカウネン〕
  • 孟浩然 Mèng Hào rán

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]永昌1(689)
[没]開元28(740)
中国,盛唐の詩人。襄州襄陽 (湖北省) の人。一説に名が浩で,浩然は字。科挙に及第できず,郷里の鹿門山に隠棲。 40歳のとき長安に出て張九齢王維らに才を認められたが,仕には失敗しまた郷里に戻った。のち張九齢が荊州 (湖北省) に左遷されたとき招かれてその部下となったが,まもなく辞任江南を放浪したのちまた隠棲生活に入り,52歳でした。その詩は大部分五言詩で,山水田園の情景を詠じた作品が多い。恬淡で明るく,平穏な詩風で,王維,韋応物柳宗元らと唐代の自然詩人として一つの系列をなし,また杜甫李白,王維と並んで「盛唐四大家」ともいわれる。現在二百余首が伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中国,唐代の詩人。湖北省襄陽の人。飾り気のない明朗な詩に,自然への親近感をうたった。40歳まで襄陽に隠棲(いんせい),のち都に出て科挙を受験したが失敗。以後,故郷で暮らした。〈春眠暁を覚えず〉で始まる《春暁》はとくに有名。
→関連項目大地の歌柳宗元

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

689‐740
中国,盛唐の詩人。襄州襄陽(湖北省)の人。〈もうこうぜん〉とも読まれる。青年時代は郷里の鹿門山(湖北省)に隠棲していた。40歳のとき,長安に上って科挙を受験したが落第した。その後はほとんど江南の各地を放浪して一生を終えた。王維と親交を結び,李白とも交友があった。その詩は好んで自然をうたい,清新で生々としており,田園山林詩人として王維と並び称される。〈春眠暁を覚えず〉に始まる五言絶句《春暁》はとくに著名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、盛唐の詩人。浩然は字(あざな)。一説に名が浩で字が浩然ともいう。襄州(じょうしゅう)襄陽(湖北省陽県市)の人。若年は郷里の鹿門(ろくもん)山に隠棲(いんせい)。40歳ごろ初めて長安に出、王維(おうい)、張九齢(ちょうきゅうれい)らと交際してその才能を認められたが、科挙には及第せず、郷里へ帰った。のち荊州(けいしゅう)(湖北省)の長史に左遷された張九齢に招かれてその幕僚となったが、ほどなく辞任し、一生を不遇のうちに過ごした。王維とともに「王孟」と並称され、山水自然派の詩人として知られるが、王維が自然の静的な面を客観的に歌うのに比して、より主観的に、自然を人間に親しいものとしてとらえる傾向をもつ。「春眠暁(あかつき)を覚えず 処処(しょしょ)啼鳥(ていちょう)を聞く 夜来(やらい)風雨の声 花落つること知んぬ多少ぞ」(春暁)や「気は蒸(じょう)す雲夢(うんぼう)の沢(たく)、波は撼(ゆる)がす岳陽城(がくようじょう)」の聯(れん)で知られる「洞庭(どうてい)に臨みて張丞相(ちょうじょうしょう)に上(たてまつ)る」など、日本でも著名な作品が多い。『孟浩然集』四巻がある。

[齋藤 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(「もうこうぜん」とも) 中国唐の詩人。官に仕えず鹿門山に住んだ。のち、都に出て王維・張九齢と交わり、「春暁」など自然の美をうたった詩を多く書いた。特に五言古詩がすぐれている。著に「孟浩然集」。(六八九‐七四〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android