コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不熟日 フジュクニチ

デジタル大辞泉の解説

ふじゅく‐にち【不熟日】

東日本で、この日に種蒔き・植え付けをすると実りが悪いとされる日。1月は子(ね)の日、2月は(うま)の日、3月は(とり)の日とされ、以降3か月ごとに繰り返す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじゅくにち【不熟日】

その日に播種はしゆ・植え付けをするとよく成熟しないといわれる日。一月は子、二月は午、三月は酉の日を忌み、四月以後は順次三か月ごとに右の順を繰り返す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の不熟日の言及

【厄】より

…時間の次元では厄日,厄月,厄年があり,空間的には厄の生ずるという場所があるが,厄をもたらすという神も考えられており,それらを避けるための呪的方法が多く生み出されている。 厄日には暦にもとづく陰陽道によるものが多く,外出を忌む坎日(かんにち),葬式を忌む友引(ともびき),家屋の建築や旅立ちを忌む三隣亡(さんりんぼう),種まきや植樹を忌む不熟日(ふじゆくにち)・地火(じか)の日などがよく知られているが,二百十日とか二百二十日を厄日とする所も多い。また,新潟県西頸城郡のように旧暦2月9日を厄日といって,山の神が山を回る日だからそこへ入るとけがをするというように,全国的に山の神の日を厄日としている。…

※「不熟日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

不熟日の関連キーワード東日本厄日播種

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android