不稽(読み)フケイ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《「ぶけい」とも。その場合は「無稽」とも書く》根拠がないこと。また、そのさま。でたらめ。「不稽な(の)物語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「稽」は、くらべ考える意) 言説に、くらべ考えるべき根拠のないこと。でたらめであること。無稽。
※随筆・安斎随筆(1783頃)六「学者と呼ばるる輩の〈略〉唐の書に見えたる不稽の説をば猥りに信じて」 〔孔子家語‐三恕〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android