コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言説 げんせつ/ごんせつdiscours(仏)

知恵蔵の解説

言説

「言」とは文字通り「言葉で説くこと、説くその言葉」の意であるが、言語・文化・社会を論じる用語としての語義はそれとは大きく異なる。批評用語としての「言説」は、仏語discours(ディスクール〈英語のdiscourseに相当〉)の訳語として成立した。元来、「演説、スピーチ、発言、論」を意味したdiscoursには、1960年代以降、ミシェル・フーコーの言う「特定の社会的・文化的な集団・諸関係に強く結びつき、それによって規定される、言語表現、ものの言い方」の含意が加えられた。それを受けて、今日「言説」(discours)は、ある「もの言い」の文化的、社会的文脈の意で使われることが多い。一方、「文字、筆跡、字体」を原義とする仏語の(e)criture(エクリチュール〈英語のwritingに相当〉)は、批評用語として、(1)文体、(2)書くという行為、(3)書かれたもの、(4)書き言葉、の4つの意味を併せ持つため、英語文献においてもwritingに置き換えずにそのまま仏語で、日本語文献でもカタカナ語「エクリチュール」として使用される。

(井上健 東京大学大学院総合文化研究科教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

げんせつ【言説】

( 名 ) スル
ものを言うこと。また、その言葉。ごんせつ。 「難解な-をもてあそぶ」 「一箇の特質として-する/真善美日本人 雪嶺

ごんせつ【言説】

げんせつ(言説)」に同じ。 「されば智弁・-何れもなじかは劣るべき/太平記 24

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

言説の関連キーワードやじ(弥次∥野次)兎園小説・兔園小説エピステーメーアルケオロジーデュアリズム真善美日本人カウティリヤ本地身説法尻馬に乗るジュネットリオタール言語起源論口中の雌黄デマゴーグ情報難民戸田茂睡サイード不立文字日本文学岡部子登

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言説の関連情報