コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不角 ふかく

世界大百科事典 第2版の解説

ふかく【不角】

1662‐1753(寛文2‐宝暦3)
江戸中期の俳人で戯作者立羽氏。別号松月堂,千翁。書肆を業とし,岡村不卜門。剃髪し,法橋さらに法眼(1730)に昇進した。1690年(元禄3)から月並前句付高点集,93年から月並発句集を続刊。古典的表現に俗意を盛ったので〈化鳥(けちよう)風〉と呼ばれ,洒落風,比喩体とともに江戸趣味の成立にあずかったが,俳壇的には孤立し,参勤の田舎武士集団を中心に別天地を形成した。〈けふの月わか衆捨たる山も哉〉(《蘆分船》)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不角
ふかく

立羽不角」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

不角の関連キーワード松木淡々立羽不扃立羽寿角白井鳥酔慶紀逸江戸座化鳥風妙船尼淡々調和紀逸雑俳不角