コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立羽不角 たちば ふかく

美術人名辞典の解説

立羽不角

俳人。称定之助。号千翁・虚無斎等。書籍商。不卜門。壮年薙髪して法橋より法眼にのぼる。門人は千人を越えたという。一族皆富貴に媚び一身の利養を顧みるに終り、享保期堕落の俳壇を代表したものであった。宝歴3年(1753)歿、92才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たちば‐ふかく【立羽不角】

[1662~1753]江戸中期の俳人。名は定之助。平明な浮世調の作風で、俳諧の大衆化に貢献。著作は「蘆分船」など多数。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立羽不角 たちば-ふかく

1662-1753 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文2年生まれ。江戸の人。書店をいとなみ,岡村不卜(ふぼく)にまなぶ。掛詞(かけことば)や比喩(ひゆ)をもちいた文字遊戯にちかい俳風で,一時沾徳(せんとく)派とならんで江戸の俳壇に重きをなした。宝暦3年7月21日死去。92歳。通称は定之助。別号に松月堂,南々舎,虚雲斎など。編著に「二葉の松」「木曾の麻衣(あさごろも)」など。
【格言など】入る月のさはるか動くむら薄(すすき)(「蘆分船」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たちばふかく【立羽不角】

1662~1753) 江戸前・中期の俳人。名は定之助。江戸の書肆。不卜門。前句付俳諧の点者として、平明な浮世調の作風で諸国に門葉を広げ、俳諧の大衆化に貢献。著「蘆分船」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立羽不角
たちばふかく

[生]寛文2(1662).江戸
[没]宝暦3(1753).7.21. 江戸
江戸時代中期の俳人。通称,定之助。別号,千翁,霊雲斎,虚無斎,南々舎,松月堂。江戸の書肆。世才にたけ名誉欲が強く,門人は大名をはじめ 1000人に及び,法眼位にまでのぼった。作風は通俗,概念的で,化鳥風 (けちょうふう) と呼ばれた。編著は『色の染衣』 (1687) ,『蠅袋』 (1703) ,『木曾の麻衣』 (30) ,『正風集』 (30) ,『二度のかけ』 (32) ,『江戸菅笠』 (36) ,『漢考怪談録前集』など俳諧,雑俳,小説にわたって多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

立羽不角の関連キーワード松木淡々白井鳥酔立羽寿角立羽不扃妙船尼慶紀逸別号書肆世才宝暦不角

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android