コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書肆 ショシ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐し【書×肆】

書物を出版したり、また、売ったりする店。書店本屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょし【書肆】

本屋。書店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の書肆の言及

【書店】より

…本屋ともいう。江戸期初め民間で出版活動がはじまってから明治初期までは,板元(はんもと)(版元,書肆(しよし),本屋)が編集から製作,卸,小売,古書の売買を一手におこなっていた。したがって,書店とは本来,出版社,取次店,新刊本小売店,古書店の総称であり,現在も出版社,取次店が書店を名のるのはそのなごりである。…

※「書肆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

書肆の関連キーワード西村市郎右衛門(初代)須原屋茂兵衛(4代)井筒屋庄兵衛(初代)出雲寺和泉掾(2代)中野小左衛門(初代)中野市右衛門(初代)銭屋惣四郎(2代)狩谷【えき】斎西村九郎右衛門万屋 兵四郎八文字屋自笑風月庄左衛門蔦屋重三郎反町 茂雄蕪村七部集燕栗園千寿達摩屋五一万屋兵四郎花廼屋蛙麿伊達 得夫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書肆の関連情報