日本一(読み)ニッポンイチ

デジタル大辞泉の解説

にっぽん‐いち【日本一】

にほんいち」に同じ。

にほん‐いち【日本一】

日本で第一であること。また、そのもの。天下一。にっぽんいち。「日本一の大泥棒」「富士は日本一の山」
最もすぐれていること。最上。最良。
「―のご機嫌にて候」〈謡・西行桜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にっぽんいち【日本一】

にほんいち【日本一】

〔「にっぽんいち」とも〕
日本で一番すぐれていること。天下一。 「算盤そろばん-」 「 -のきび団子」
最高・最良なこと。非常に立派なこと。室町時代に多用された。 「 -烏帽子が似合ひ申して候/謡曲・烏帽子折」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にっぽん‐いち【日本一】

〘名〙 (形動)
※平家(13C前)七「をのれは日本一(ニッホンいち)〈高良本ルビ〉の剛の者にぐんでうずな、うれ」
人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「木びき町へ良斎が出るが、まことに日本一(ニッポンイチ)といふ昼夜の席が大入さ」
[補注]謡曲の場合、現行謡曲によれば、「ニッポンイチ」のほか連声化した「ニッポンニチ」の発音が多く行なわれる。

にほん‐いち【日本一】

〘名〙
① (形動) 日本で第一であること。日本で最もすぐれていること。また、そのものやさま。天下一。無類。にっぽんいち。
※平治(1220頃か)上「御辺が信頼といふ日本一の不覚仁に同意して、あやまりをあらためぬこそ、まことに当家の恥辱なれ」
② (形動) (非常によいことの大げさなたとえとして用いる) 最良。最上。にっぽんいち。
※謡曲・西行桜(1430頃)「日本一のご機嫌にて候、やがて申さう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本一の関連情報