世界科学者連盟(読み)せかいかがくしゃれんめい

日本大百科全書(ニッポニカ)「世界科学者連盟」の解説

世界科学者連盟
せかいかがくしゃれんめい
World Federation of Scientific Workers

正式名称は世界科学労働者連盟略称WFSW。1946年7月、イギリス・ロンドンで設立された科学者の国際組織。初代の会長はフレデリック・ジョリオ・キュリーであった。連盟の基本的性格と目的は、1948年の第1回総会で採択された科学者憲章のなかに明らかにされている。軍縮委員会、社会経済委員会、科学政策委員会の三つの常設委員会および編集委員会を中心に活動が行われており、機関紙『サイエンティフィック・ワールド』は5か国語で発行されている。日本からは最初、民主主義科学者協会が執行評議員を送っていた。1971年からは日本科学者会議が加盟している。連盟は、社会政治体制の異なる国々の科学者を結集し、科学労働者が直面する重要な問題を議論し、会議、シンポジウムなどを行ってきた。とくに平和と軍縮の問題には大きな努力を払っている。

服部 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の世界科学者連盟の言及

【世界科学労働者連盟】より

…略称WFSW。世界科学者連盟とも呼ばれる。1947年,イギリス科学者協会British Association of Scientific Workersの呼びかけで結成された国際的な科学者団体。…

※「世界科学者連盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android