コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界経済モデル せかいけいざいモデルworld econometric model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界経済モデル
せかいけいざいモデル
world econometric model

世界経済全体の動きを方程式体系として組み立て,予測,政策効果の分析などを行なったもの。アメリカの L.R.クラインを中心としたリンク・モデルが知られているが,日本でも経済企画庁が 1982年に大規模な世界モデルを完成させた。これを使うことにより,たとえばアメリカの財政政策が世界全体にどのような影響をもたらすかといった問題を分析することができる。世界的な相互依存関係が進むなかで経済分析にとって重要なツールとなりつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の世界経済モデルの言及

【計量経済学】より

…第1,第2の批判に対しては,各主体の予想を積極的にとり入れたり,時系列分析の手法をとり入れた分析が進められている。第3の批判に対しては,国際的相互依存性を積極的にとり入れた世界経済モデルの開発が盛んになされている。もちろん計量経済学の分野はマクロ計量経済モデルによる分析に限られたわけではない。…

※「世界経済モデル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android