コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世礼国男 せれい くにお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

世礼国男 せれい-くにお

1897-1950 大正-昭和時代の詩人,教育者,民俗学者。
明治30年7月20日生まれ。郷里沖縄県の小・中学校教師をへて第二次大戦後知念高校長。この間沖縄の古典音楽を研究。昭和10年三線(さんしん)(三味線)の伊差川世瑞(いさがわ-せいずい)と共著の「声楽譜付野村流工工四(くんくんしー)」を出版した。昭和25年1月23日死去。52歳。沖縄第一中学卒。詩集に「阿旦(あだん)のかげ」,著作に「琉球音楽歌謡史論」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世礼国男の関連キーワード冤罪国木田独歩フィリピン革命現代資本主義中南米映画東京大学サーリネン(父子)テレビ放送人口爆発日野TH10型トラック

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone