コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世礼国男 せれい くにお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

世礼国男 せれい-くにお

1897-1950 大正-昭和時代の詩人,教育者,民俗学者。
明治30年7月20日生まれ。郷里沖縄県の小・中学校教師をへて第二次大戦後知念高校長。この間沖縄の古典音楽を研究。昭和10年三線(さんしん)(三味線)の伊差川世瑞(いさがわ-せいずい)と共著の「声楽譜付野村流工工四(くんくんしー)」を出版した。昭和25年1月23日死去。52歳。沖縄第一中学卒。詩集に「阿旦(あだん)のかげ」,著作に「琉球音楽歌謡史論」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世礼国男の関連キーワード伊差川 世瑞中村 孟順昭和時代教育者

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android