コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丘修三 おか しゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丘修三 おか-しゅうぞう

1941- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和16年4月5日生まれ。養護学校教諭をへて文筆生活にはいる。障害児教育の経験をいかした「ぼくのお姉さん」で昭和62年新美南吉児童文学賞,坪田譲治文学賞。平成5年「少年の日々」で小学館文学賞。鹿児島県出身。東京教育大卒。本名は渋江孝夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

丘修三の関連キーワード清水宏近衛文麿内閣マキノ雅広スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉レジスタンス文学[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android