両本位制度(読み)りょうほんいせいど(英語表記)bimetallism

翻訳|bimetallism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両本位制度
りょうほんいせいど
bimetallism

金銀複本位制度のもとで認められた金と銀の2本位貨幣の間に一定の法定比価を設け,両本位貨幣をもって統一的な制度としているもの。この例は 1866年実施のラテン貨幣同盟 (フランス,ベルギー,イタリア,スイス) である。しかし市場における金銀比価の変動の影響を受け,法定比価とのバランスがくずれて「グレシャムの法則」が働き,流通貨幣はややもすると一方の貨幣にかたよる傾向が強い。しかもこの傾向は互いに交替して現れることから,交替本位制度ともいわれた。しかし銀価の下落が常になり,不均衡な本位制度となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android