コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金銀複本位制度 きんぎんふくほんいせいど bimetallic standard system

3件 の用語解説(金銀複本位制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金銀複本位制度
きんぎんふくほんいせいど
bimetallic standard system

金銀2種の金属を本位貨幣として流通させる貨幣制度で,単に複本位制度ともいう。金と銀の比価をどのように定めるかによって,両本位制度併行本位制度とがある。前者は金銀間に法定比価を定めたもの,後者は金銀間の市場比価によるものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんぎん‐ふくほんいせいど〔‐フクホンヰセイド〕【金銀複本位制度】

金貨と銀貨を本位貨幣とし、両者の比価を公定し、他の貨幣を補助貨幣とする制度。両本位制度

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金銀複本位制度【きんぎんふくほんいせいど】

金と銀の双方を本位貨幣とする貨幣制度。複本位制度,両本位制度ともいう。金と銀とが鋳貨として流通し,金と銀との比価は法定されるが,金銀の市場価格と法定比価との分離は避けられないので,維持は困難である。
→関連項目金打歩政策銀本位制度単本位制度本位制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の金銀複本位制度の言及

【銀】より

…しかも両者の生産条件,生産量,需給事情は等しくないから実際問題として市場比価は一定しない。金銀複本位制度は法律をもって両者の一定比価での自由兌換(だかん)を認め,これによって市場比価を公定比価に一致させようとした制度で,19世紀の後半までは多数諸国が複本位制を採用することによって金銀比価はほぼ一定に維持され,銀はたんなる補助貨幣としてでなく,本位貨幣の地位を維持しえたのである。 しかしこのころより銀産出高の増加は著しく,かつ1873年ドイツの金本位制度採用以後,銀価の低落はさらに顕著となり,複本位制の維持がいよいよ困難となるや,銀本位制の維持を利益とする諸国,および銀本位制の廃止によって致命的打撃を受けるアメリカの銀産業者などの銀本位制擁護運動は激しくなった。…

【銀本位制度】より

… 銀のみが本位貨幣となっている銀単本位制度の例は,歴史的にみてそれほど多くない。しかし,法制的には銀貨と金貨とがともに本位貨幣となる金銀複本位制度でありながら,事実上銀貨のみが流通し銀本位制度となんら異ならない場合が少なからずみられる。19世紀のヨーロッパ大陸諸国の多くは,金銀複本位制を採っていたが,銀の市場価格が下落を続けて法定比価との間に開きができ,金の流出と銀の流入が生じて,銀貨のみが流通し,事実上銀本位制となった。…

【複本位制度】より

…異なった金属を素材とする本位貨幣が併存し,それらの間の比価(交換比率)を法定するものをいうが,その通常の形態は金銀複本位制度である。本位貨幣が単一の金属のものを単本位制度という。…

※「金銀複本位制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金銀複本位制度の関連キーワード銀本位制度単本位制度複本位制度補助貨幣本位貨幣本位制度金貨本位制金銀併行本位制度新貨条例本位貨

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone