コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両江 りょうこう Liǎng jiāng

1件 の用語解説(両江の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りょうこう【両江 Liǎng jiāng】

中国の歴史的広域地名。明代には省(正式には承宣布政使司と称した)より大きな行政管轄域には定制がなかったが,清になると1省より2,3省を管轄する上級職として総督が置かれた。両江も湖広,両広などと同じく総督の置かれた領域で,明の南直隷を改めた江南省と,江西省を合して称した。のち江南省が江蘇と安徽に分かれてからは,3省を称した。両江は中国で最も経済的に重要な地域を含み,また清末からは外国との接触の前線となり,両江総督は両淮(わい)塩政から外国との通商事務までをとり扱い,直隷総督と並ぶ重職で,李鴻章曾国藩が歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

両江の関連キーワード繹史五代史弾詞契丹国志史的前史太液問題史過税歴史的風土特別保存地区

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

両江の関連情報