コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両江 りょうこうLiǎng jiāng

世界大百科事典 第2版の解説

りょうこう【両江 Liǎng jiāng】

中国の歴史的広域地名。明代には省(正式には承宣布政使司と称した)より大きな行政管轄域には定制がなかったが,清になると1省より2,3省を管轄する上級職として総督が置かれた。両江も湖広,両広などと同じく総督の置かれた領域で,明の南直隷を改めた江南省と,江西省を合して称した。のち江南省が江蘇と安徽に分かれてからは,3省を称した。両江は中国で最も経済的に重要な地域を含み,また清末からは外国との接触の前線となり,両江総督は両淮(わい)塩政から外国との通商事務までをとり扱い,直隷総督と並ぶ重職で,李鴻章曾国藩が歴任した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

両江の関連キーワードハムギョン(咸鏡)山脈馮桂芬(ふうけいふん)サムジヨン(三池淵)チャンジン(長津)江ポチョンボ(普天堡)チャガン(慈江)道カプサン(甲山)ヘサン(恵山)市サムス(三水)リャンガンドリャンカンドハン(漢)江摩天嶺山脈坂田虎之助狼林山脈南京大学南洋大臣蓋馬高原呉偉業林則徐

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android