中 脩三(読み)ナカ シュウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

中 脩三
ナカ シュウゾウ

昭和期の精神医学者 三国丘病院長;大阪市立大学名誉教授。



生年
明治33(1900)年9月15日

没年
昭和63(1988)年2月28日

出生地
徳島県

学歴〔年〕
九州帝国大学医学部〔大正15年〕卒

学位〔年〕
医学博士

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔昭和53年〕,大阪市民功労章〔昭和59年〕,世界社会精神学会功労章〔昭和60年〕

経歴
昭和15年台北帝大、20年九州大学、32年大阪市立大学の教授を歴任し、42年三国丘病院院長となる。脳の生化学的研究の草分けで、わが国では初めて同分野の専門書「神経化学」を出版。初老期うつ憂症の概念を確立した。また、知的障害児情緒障害児などの治療研究に力を注ぎ、36年から始まった「三歳児検診」の実施に貢献した。ほかの著書に「できる子供できない子供」「受験期の心理」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android